冷房のないロビーで数時間待っておくのは、地獄でした。

冷房のないロビーで数時間待っておくのは、地獄でした。ですが、3日もすると同期生達はとても仲良くなり、トランプをしたり、知りとりをしたりと、楽しい日々を送ることになります。私が行った所は、山梨県で、交通費も全額支給してくれました。
都心の教習所で実技の授業を受けるより、比較的車を運転するのは易しいと思いました初日から教習が始まるとの事で、オリエンテーションが終わると早速車に乗り込む事になりました。

2週間プライバシーがないのは相当きつかった思い出です。

合宿免許に行くならば、一人部屋にした方が、絶対にいいと思います。結果、試験は1間ちがいの一発合格。

高校を卒業し、4月からは他県の大学に進学の為、一人暮らしをする事になっていましたしかし、いつでも時間が取りやすい主婦や受験シーズンを避けて合格した学徒さんにとっては、あまりメリットが無いように感じる方も多いかも知れません。

自分の通っていた高校は、誕生日の一ヶ月前から教習所にいってもよかったのです。しかし、一ヶ月は受験シーズン。

通える筈もありません。せめて夏休みなら行けたかも知れません。

普通だと時間が空いて運転感覚が鈍ってしまったりするのがとても嫌です。
教習所によっては、いろいろなプランがあるので、免許を取りに行きながら楽しむことが出来ます。例を挙げると、温泉プラン、海鮮料理プランなど、があり、とっても魅力的です。

都心での卒業式では、根本的に人が多く、横断歩道も多めです。

歩行者によっては「教習車だから止まる」と感じて飛び出してくる人もいるかも知れません。
人が多いからこそ、卒業試験で不合格になる要素が発生しやすいのが特長的です。

対する地方では歩行者が断然に少ない場合が多めです。

横断歩道も少ないため、都心と比較すると不安事項が少なくなります。

運が良かったのか、乗り越しなどは一度もなく本当に最短で免許を取得する事ができました。

気付くと、自分より先に教習所に行っていた友人よりも先に取得していました。私も合宿免許を利用したのですが、土地勘がないことが困ったことの一つです。教習所によって、試験内容は異なるかも知れませんが、土地勘のない場所で合宿免許を使用する場合は、その教習所付近の地図等があれば持参し、路上教習を行った後は、スマホやパソコン等で実際に運転したコースを確認する等、自分自身で土地勘がないというデメリットを少しでもなくす努力が必要だと思います。

合宿免許のデメリットはとても少ないです。
短期間で勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)しますので忘れません。

通学の自動車学校では、予約の都合が合わなくて注意する点などをせっかく覚えたのに忘れてしまってしまいます。でも、短期間で記憶することが多くて、不安も感じました。心配で眠れないくらいなら、過去5年分くらいの出題された問題を勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)すればほとんどの人は合格できるでしょう。
経費を抑えるために合宿を選んで、免許を取ってほっとしたと思いました。免許取得後、免許所持者に教えて貰えば、自信をもって運転できようになるでしょう。

縦列駐車などは、自分で練習しないと上達しません。

合宿免許ではやくお金をかけずに免許を取得してしまうほうが、コストパフォーマンスがいいのです。
アトは自分でなれた道を実際に運転して車両感覚をつかんだりしていくと大丈夫です。

切磋琢磨してからだで運転感覚を覚えていくと満足することができるでしょう。
私が免許を取ったのは大学4年の冬休み、卒業の直前でした。

合宿免許 空き状況 2月